ちりめん風呂敷を広めたい

風呂敷のデザイン

 

唐草模様の風呂敷は今も人気のデザイン


風呂敷のデザインとして有名なものはいくつかありますが、なかでも唐草模様は
誰でも知っているタイプです。

漫画やアニメで泥棒が頭からかぶったり、盗んだ荷物を包んで逃げるというシーンがありますが、
それほど一般的に浸透したお馴染みのデザインということなのです。

どこの家庭にもひとつは持っている、オーソドックスな柄ということでしょう。
唐草模様の起源はとても古く、エジプトからインドや中国を経て日本へ伝わったといわれています。

風呂敷に使われるのは、その模様の縁起からです。
伸びるツルは太陽を目指すことから日の出の象徴であり、
ツルの枝分かれは子孫繁栄、絡み合うことで財運や資産を大きくする縁起担ぎもあります。

自分用に使うだけでなく、最近は華やかな色合いの唐草模様の風呂敷がたくさん出ていますから、
お土産を包んでお渡しする際にも重宝します。

また、最近では観光に来た外国人客にもシンプルで使い勝手が良いデザインとして人気があります。